転職で失敗しがちな人の行動パターン

 転職したいと考えた時、真っ先に思い浮かぶ現状の問題点として、どんな事を思い浮かべますか?転職理由としてよく挙げられるのは、人間関係や給与、務内容など多種多様な理由があるかと思いますが、転職をする前に転職で失敗しがちな人のパターンを知っておき、同じようにならないように注意しましょう。

 

面接で自分のスキルを盛ってしまう

 よくあるのがイラストレーターなどのパソコンソフトを使えますか?と聞かれ、元気よく「はい、使えます」と答え、いざイラストレーターを使う仕事を回されて困ったり、営業の経験もないのにありと書いておくなど、少しでも自分を売り込もうとして、できもしないことを自信満々であ答えてしまうと、もし採用された場合、自分の首を絞めることになります。特に社会人経験を数年過ごしてからの転職ですと、即戦力を期待して会社側は採用していますので、中途半端な技術をできると言われてしまうと、会社側に損失を出しかねません。

 

転職先の業務内容をしっかりと把握せず、転職してしまった

 転職理由が給与面での不満だった場合、転職の基準は給与面ばかりに偏ってしまうことがありますが、いくら給与が良く、仕事内容も何となくかっこいいな〜といった程度の認識で、あれくらいなら自分もできると感じ入社してみると、自分の想像とは全く違う業務内容だったなど、予想と現実のギャップで打ちのめされしまいます。

 

転職をしても何も解決できない

 せっかく転職をしたのにもかかわらず、「給与は上がったけど、休みがない「前の会社では人間関係が良かったけど、今は人間関係が最悪」「労働条件がイマイチ」など、せっかく転職したにもかかわらず、自分の悩みだったことが何も解決していないという転職は、グチばかりが増えてしまい、結局はまた転職を繰り返す「転職難民」になってしまいます。すべてが好条件でサイコー♪なんて会社はそうそうありませんので、自分が転職するためには絶対に譲れないという条件を整理し、転職前に表にして確認しておくことが大切です。

 

 

おすすめサイト
http://xn--veku74hx8frnk1hj.net/
既卒者の就職アドバイスやお役立ち情報

 

高卒就職ガイド.net
高卒の就職でアピールするポイント